東大阪市の三宅医院

生活習慣病とは

生活習慣病とは?

生活習慣の乱れが原因で発症・進行する病気の総称です

生活習慣の乱れが原因で発症・進行する病気の総称です

生活習慣病とは、栄養バランスの乱れ、肥満、運動不足、飲酒・喫煙、ストレスなどの生活習慣の乱れが原因で発症・進行する病気の総称です。

代表的なものに、「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」「メタボリックシンドローム」などがあります。

生活習慣の改善が大事です

「生活習慣病」という名称からもおわかりいただける通り、生活習慣病を予防・改善するためには、生活習慣の改善が大事です。

バランスの良い食生活、適正体重の維持、適度な運動、ストレス管理など、生活習慣全般に気を配るようにしましょう。

こんな症状にご注意ください

次のような症状や、生活習慣の乱れに心あたりがある方は、お早めに東大阪市の三宅医院までご相談ください。

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を専門とするドクターが、豊富な知識・経験をもとに最適な治療をご提供します。

こんな症状はありませんか?

  • 血圧が高い
  • 健診で「血糖値が高い」と指摘された
  • 健診で「中性脂肪値が高い」「コレステロール値が高い」と指摘された
  • 何となく体がだるい
  • 体がふらふらする
  • 異常に喉が渇く
  • 動悸がする
  • 最近、太って来た

など

こんな方はご注意ください

  • 魚よりも肉の方が好き
  • 「血圧・血糖値が高い」と指摘されたことがある
  • 煙草を吸う
  • よくお酒を飲む
  • ほとんど運動しない
  • 仕事が忙しくて睡眠が足りていない
  • ストレスがたまっている

など

生活習慣病をそのままにしておくと…

自覚症状がほとんどないまま進行します

自覚症状がほとんどないまま進行します

生活習慣病が恐ろしいのは、自覚症状がほとんどないまま進行していく点です。

生活習慣病の代表的な病気である、糖尿病、高血圧、脂質異常症などを放っておくと、気づかないうちに動脈硬化が進行して、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症、閉鎖性動脈硬化症などの命に関わる病気を引き起こすことがあります。

決して放置せずに、生活習慣病を専門とするドクターがいる、東大阪市の三宅医院までご相談ください。

主な生活習慣病

糖尿病

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)の高い状態が続く病気です。

痛みなどの症状はありませんが、進行すると「神経障害」「網膜症」「腎症」などの合併症を引き起こす場合があります。

詳しくはこちら

高血圧

拡張期血圧(最低血圧)が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の状態を高血圧といいます。

高血圧状態が長く続くことで、血管がダメージを受け、心筋梗塞、脳梗塞、腎不全などの病気のリスクが高くなります。

詳しくはこちら

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中の中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロールが多い状態、またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態をいいます。

自覚症状がほとんどなく、放っておくと動脈硬化が進み、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの命に関わる病気のリスクが高まります。

詳しくはこちら

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、生活習慣の乱れなどが原因で蓄積された内臓脂肪により、肥満(内臓脂肪型肥満)となり、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの病気のリスクが高まった状態をいいます。

脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす危険性が高くなります。

詳しくはこちら

生活習慣病を予防するために

バランスの良い食生活を心がけましょう

暴飲暴食、栄養バランスの乱れなどは、生活習慣病の原因となりますので、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

適正体重を維持しましょう

肥満は、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の原因となります。

定期的に体重を測って、BMIに気を配り、適正体重を維持するようにしましょう。

適度な運動を続けましょう

適度な運動には、血圧、血糖値、血中脂質濃度を下げるなどの効果があります。

軽い運動を、できるだけ毎日続けるようにしましょう。

節酒・禁煙

煙草を吸われている方は禁煙し、お酒をよく飲まれる方は、ビールなら「1日に中ビン1本」程度に控えるようにしましょう。

ストレス解消

十分な睡眠や、リラックスできる時間を過ごすなどして、上手くストレスを解消するようにしましょう。

オフィシャルサイトはこちら

locaLPlace

top